Yahoo!知恵袋によく投稿されているWEBテスト・SPI代行の3つの疑問に回答してみた

皆様こんにちは、「業界最安値のWEBテスト・SPI代行サービス」の運営事務局です。

日本最大級のQ&AサイトであるYahoo!知恵袋で「WEBテスト 代行」や「SPI 代行」と検索してみると、数多くの質問・相談が寄せられていることがわかります。

そこで今回は、Yahoo!知恵袋によく投稿されているWEBテスト・SPI代行の3つの疑問をご紹介し、それに回答してみたいと思います。

WEBテスト・SPI代行サービスのご利用を考えている就活生はぜひ参考にしてください。

WEBテスト・SPI代行サービス【業界最安値・24時間以内対応もOK】の記事内バナー

Yahoo!知恵袋でよくある質問・相談その1:料金を支払わなかったら?

まず最初にご紹介するYahoo!知恵袋でよくある質問・相談は「WEBテスト代行サービスを利用して、料金を支払わなかったらどうなるのか?」という内容です。

実際にYahoo!知恵袋に投稿されている質問は以下です。

Webテスト代行業者に料金を支払わなかった場合どうなるんですか?
TwitterでWebテスト代行業者という怪しいアカウントを目にしました。
後払い可能と記載があり、それって学生に逃げられるのでは…?値段もかなり高く、そのまま払わない人多そうだなと思ったのですが…
しかし、Webテスト代行自体禁止されていることなので、Webテスト代行の未払いについて訴えたりしても回収できなさそうと思いました。
実際、学生が未払いで逃げ切るor業者が訴えて代金回収することは可能なんでしょうか?

出典:Yahoo!知恵袋

確かに、WEBテスト・SPI代行サービスの中には後払いが可能なサービスもあります。

後払いOKなWEBテスト・SPI代行サービスをご紹介した記事もあるので、ぜひ参考にしてください。

しかし、後払い可能なサービスは料金未回収のリスクを軽減するためにも代行実施前の身分証明証や学生証の提示を求めてくる場合があります。

なので、代行実施後に料金を支払わないとなっても、身元がバレているので払わないというわけにはいかないことが多いでしょう。

実際に後払い可能なWEBテスト・SPI代行サービスの1つである「Web担」にLINE友達追加をしてみると「料金の後払いを希望される方はマイページ or 身分証明書の共有をお願いします」といった旨のメッセージが送られてきます。

結論としてはWEBテスト・SPI代行サービスの運営元もさすがに料金未払いのリスク対策はしているので「料金を払わない人も多いのでは?」という心配はあまり必要ないのかもしれませんね。

WEBテスト・SPI代行サービス【業界最安値・24時間以内対応もOK】の記事内バナー

Yahoo!知恵袋でよくある質問・相談その2:友達に代行を頼まれたが、どうすべきか?

2つ目にご紹介するYahoo!知恵袋でよくある質問・相談は「友達にWEBテストの代行を頼まれたが、引き受けるか悩んでいる」という内容です。

実際にYahoo!知恵袋に投稿されている相談内容は以下です。

国立の理系大学生です。
先日中学の友達からspiの代行を頼まれました。正直、責任を負うのも面倒だし、テストを受けるのも面倒なのであまりやりたくないのですが、必死に頼んでくるのでどうしようか悩んでます。
自分は今年まだ就活をしないのでspiについてもあまり詳しくないのですが、本人に色々聞いたらやる方向で話が進んでいきそうなので、spi経験者の方に話をききたいです。

出典:Yahoo!知恵袋

友達からの依頼ってなかなか断りにくいですよね…

しかも、質問者が記載しているように自分がWEBテストを代行して万が一落ちてしまった場合、どうしても責任を感じてしまいますよね。

WEBテスト・SPIの代行を友達に依頼する時の注意点について解説した記事をご覧いただくとわかりますが、友達同士でWEBテストの代行をする場合は、料金や受験の期限などを事前にしっかりと決めておきましょう。

口頭約束ではなく、LINEなどのメッセージで証拠を残しておいた方がトラブル防止の観点からはオススメです。

料金や期限を事前にしっかり決めないことでトラブルに発展し、友達関係に亀裂が入る可能性も十分にあり得ます。

せっかくの大事な友達を失うということは誰しもがしたくないことなので、友達のWEBテストを代行する場合は慎重に話し合いをしておきましょう!

Yahoo!知恵袋でよくある質問・相談その3:WEBテストの代行って不正なのでは?

最後にご紹介するYahoo!知恵袋でよくある質問・相談は「WEBテストの代行ってそもそも不正なのではないか?真面目に対策・努力をするのがバカらしくなります」という内容です。

実際にYahoo!知恵袋に投稿されている相談内容は以下です。

就職活動の選考過程である、適性検査についてです。
今日友人が適性検査は対策として、代行サービスを頼んでいると話していました。
お金を払って代わりにSPIなどを受けてもらうそうです。
Twitterで知ったと言ってました。
これって不正じゃないんですか?
過去に問題となった、大学の替え玉受験と同じですよね?
そんなことしたらダメでしょって指摘したら、
企業側も代行サービスの存在を認識してる上で、ウェブで受けさせてるんだから良いみたいな理屈でした。
どう思いますか?
努力するのがバカらしくなりませんか?(だからって絶対代行なんて頼まないけど。自分で出来るようにならなきゃ意味ないし。)
正直腹立たしいです

出典:Yahoo!知恵袋

まず、WEBテスト・SPI代行サービスが法的な観点からして違法かどうか?という質問に関しては「グレーゾーンであり、完全に違法かどうかは裁判などを通じてでないと判断できない」ということになるかと思います。

WEBテスト・SPI代行サービスで摘発・逮捕された事例を調査した記事に詳細は記載しましたが、今までにWEBテスト・SPI代行サービスが違法であると法的に認められた事例は1つもありません。

WEBテスト・SPI代行サービスの違法性を法的観点から解説した記事もご用意していますので、ぜひ参考にしてください。

しかし、質問者が記載しているように大学の替え玉受験は法的な観点からして違法です。

詳細は割愛しますが、大学受験はいわゆるペーパーテスト(紙に解答を書き込む形式)なのに対し、WEBテストはその名の通りWEB(パソコン)から解答を入力する形式です。

日本には「私文書偽造罪」というのがあるのですが、大学受験(ペーパーテスト)の替え玉をした場合は「私文書偽造罪」が成立します。

しかし、WEBテストの代行で「私文書偽造罪」が成立するか?と言われればなかなか厳しいかもしれません(「文書」ではないため)

確かにこのような事実があると、質問者が記載している通り「正直者がバカを見る世界」になってしまいますよね。

しかし、事実としてWEBテスト・SPI代行サービスというものが存在している以上、その存在を否定すること自体あまり意味がないでしょう。

「自力で対策・努力をしてWEBテスト・SPIを受ける」「WEBテスト・SPI代行サービスを利用する」どちらの判断をくだそうが、それはもう完全に自分の自己責任です。なので「自分は自分」という意識を持つこと・自分の決断を信じることが就活においては非常に大切なのではないでしょうか。

WEBテスト・SPI代行サービス【業界最安値・24時間以内対応もOK】の記事内バナー

いかがでしたでしょうか?

今回はYahoo!知恵袋によく投稿されているWEBテスト・SPI代行の3つの疑問に回答してみました。

就活生はWEBテストやSPIを受験する機会が多くなってくるかと思います。WEBテスト・SPI代行サービスを利用するかどうか?はぜひご自身の判断(=自己責任)でよろしくお願い致します。

投稿者プロフィール

業界最安値のWEBテスト・SPI代行サービス運営事務局
業界最安値のWEBテスト・SPI代行サービス運営事務局
今までに200件以上のWEBテスト(SPI・玉手箱)代行実績があります。

また、WEBテスト・SPI代行サービスに関するブログを100本以上執筆している実績もあり、日本で一番WEBテスト・SPI代行サービスに詳しいと自負しています。

WEBテストにお困りの就活生や転職活動中の社会人の皆様は、ぜひお気軽にご相談ください。