WEBテスト・SPI代行サービスで摘発・逮捕された事例を調査してみた

皆様こんにちは、「業界最安値のWEBテスト・SPI代行サービス」の運営事務局です。

WEBテスト・SPI代行サービスのご利用を考えている就活生や転職活動をしている社会人の中には、WEBテスト・SPI代行サービスを使うことで摘発や逮捕されたりしないだろうか?と不安に思っている人もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、WEBテスト・SPI代行サービスで摘発・逮捕された事例はあるのか?について調査しました。

WEBテスト・SPI代行サービスのご利用を検討している就活生・社会人の皆様はぜひ参考にしてみてください。

WEBテスト・SPI代行サービス【業界最安値・24時間以内対応もOK】の記事内バナー

WEBテスト・SPI代行サービスで摘発・逮捕された事例はある?

では早速結論から発表しますが、WEBテスト・SPI代行サービスで摘発・逮捕されたという事例は今までに1件もありません。

では、なぜ摘発・逮捕の事例がないのでしょうか?本記事では以下2つの理由を考察してみました。

理由その1:企業にバレる可能性が低い

1つ目の理由は、就活生や社会人がWEBテスト・SPI代行サービスを使ったところで企業にバレる可能性が極めて低く、仮に利用を疑われたとしても、それを証明することが不可能に近いからということになります。

IPアドレスでWEBテスト・SPI代行サービスの利用はバレるのか?について解説した記事をご覧いただくとわかりますが、企業がIPアドレスから個人情報を特定することは、裁判所からの開示命令がない限り不可能です。

つまり、かなりのコスト・時間がかかります。たった1人の就活生にそれだけのコスト・時間をかけたところで企業は1円も儲からず、メリットがありません。

なので、IPアドレスからWEBテスト・SPI代行サービスの利用がバレることは非現実的でしょう。

また、仮にWEBテスト・SPI代行サービスを使っていた人がいたとしても、その人が正直に「私はWEBテスト・SPI代行サービスを使いました」と白状する人はいないでしょう。

面接官などにWEBテスト・SPI代行サービスの利用を疑われたとしても「私は使っていません」と嘘をつく可能性が非常に高いです。

そして、その発言が嘘であることを見抜くのは非常に難易度が高いです。

簡単な例をあげてみますと、Aさんが「私の昨日の夕食はハンバーグでした」と発言した場合、これを嘘か本当か証明するのはなかなか難しいですよね。

なので、大半の人は「そうなんですね」とスルーしてしまいます。

つまり、嘘をつくコストは非常に安く、それを嘘であると証明するコストは異常に高いわけです。WEBテスト・SPI代行サービスでも同じことが言えるのではないでしょうか。

WEBテスト・SPI代行サービス【業界最安値・24時間以内対応もOK】の記事内バナー

理由その2:サービス自体が違法ではない可能性が高いから

2つ目に考えられるWEBテスト・SPI代行サービスで摘発・逮捕されたという事例がない理由は、そもそもWEBテストの代行自体が違法ではない可能性が高いからです。

WEBテスト・SPI代行サービスの違法性を法的観点から解説した記事もご用意していますので、ぜひ参考にしてください。

Webテスト・SPIの代行と似たものとして、大学受験などで受験者本人とは別の人が試験会場で問題を解く「替え玉受験」がありますよね。

替え玉受験の場合は「私文書偽造」という罪が明らかに成立します。

私文書偽造罪は、他人の署名を使用して事実証明等に関する文書を偽造することで問われる罪です。

替え玉受験の場合は受験者本人とは別の人が答案用紙に受験者本人の氏名を記載し、答案という文書を作成しますよね。

よって私文書偽造罪が成立するのです。

しかし、SPIや玉手箱などのWebテストの場合ですと、署名(紙に自分の氏名を実際に書く)という行為はなく、あくまでもパソコンで問題を解くだけで文書を作成するわけではありません。

したがって、私文書偽造罪が成立する可能性は低いと言えるでしょう。

大学受験におけるカンニングで摘発・逮捕された事例はある!

WEBテスト・SPI代行サービスで摘発・逮捕されたという事例は今のところありませんが、大学受験におけるカンニングで摘発・逮捕された事例は実際にあります。

2011年、有名国立大学である京都大学の試験中に携帯電話を利用し、試験問題をYahoo!知恵袋にアップロードした男性がいました。

そして、男性はそのYahoo!知恵袋に寄せられた回答を参考にして、試験問題に解答していました。

この件に関して、京都府警は男性を偽計業務妨害罪で逮捕しました。

しかし、世論としては「カンニングで逮捕はやりすぎなのでは?」という意見もあるようです。

WEBテスト・SPI代行サービス【業界最安値・24時間以内対応もOK】の記事内バナー

いかがでしたでしょうか?

WEBテスト・SPI代行サービスの利用が企業にバレる可能性はかなり低いため、実際に摘発・逮捕に繋がっているケースは1件もありませんでしたが、自力で受験できるのではあればそれに越したことはないでしょう。

WEBテスト・SPI代行サービスのご利用は、今一度ご自身で深く検討していただければと思います。

WEBテスト・SPI代行の料金相場を10サービスで調査した記事もありますので、ご利用を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

投稿者プロフィール

業界最安値のWEBテスト・SPI代行サービス運営事務局
業界最安値のWEBテスト・SPI代行サービス運営事務局
今までに200件以上のWEBテスト(SPI・玉手箱)代行実績があります。

また、WEBテスト・SPI代行サービスに関するブログを100本以上執筆している実績もあり、日本で一番WEBテスト・SPI代行サービスに詳しいと自負しています。

WEBテストにお困りの就活生や転職活動中の社会人の皆様は、ぜひお気軽にご相談ください。