SPIの自宅受験で事前に準備すること5つをまとめてみた

皆様いかがお過ごしでしょうか?「業界最安値のWEBテスト・SPI代行サービス」運営事務局です。

SPIにはWEBテスティング、テストセンター、インハウスCBT、ペーパーテスティングの4つの受験方式がありますが、WEBテスティングのみ自分のPCから好きな時間・好きな場所でSPIの受験が可能なので、WEBテスティングを受験する人の多くは自宅から受験するかと思います。

そこで今回は、SPIの自宅受験で事前に準備することを5つまとめてみました。

SPIを受験予定の就活生や転職活動をしている社会人はぜひ参考にしてください。

WEBテスト・SPI代行サービス【業界最安値・24時間以内対応もOK】の記事内バナー

SPIを自宅受験できるのはWEBテスティングのみ

冒頭でも少し解説しましたが、SPIにはWEBテスティング、テストセンター、インハウスCBT、ペーパーテスティングの4つの受験方式があります。

※それぞれの違いについてはテストセンターについて解説した記事をご覧ください。

そして、自宅受験ができるのはWEBテスティングのみです。

WEBテスティングの場合、受験期限内であれば自分のPCから好きな時間・好きな場所でSPIの受験が可能です。

SPIのWEBテスティングでは、能力検査と性格検査の2つの検査が用意されています。

能力検査では言語と非言語(計数)という2つの科目が用意されており、言語=国語、非言語(計数)=数学と認識していただければ問題ありません。

ごく稀に英語も用意されているようです。しかし、筆者は今までにSPIを300回以上も代行してきていますが、英語に遭遇したことは一度もありませんので、英語はないと認識しておけば問題ないでしょう。

SPIで英語があるかないかを判別する方法について解説した記事もぜひ参考にしてください。

試験時間は能力検査が言語と非言語(計数)合わせて35分、性格検査が30分の合計65分です。

SPIを自宅受験する場合は、65分以上のまとまった時間を必ず確保するようにしましょう。

※SPIの言語の出題範囲について解説した記事非言語(計数)の出題範囲について解説した記事もぜひ参考にしてください。

SPIの自宅受験で事前に準備すること

ここからはSPIの自宅受験で事前に準備することについて解説していきます。

今回は以下の5つをご紹介していきます。どれも大事なことなので、ぜひ参考にしてください。

①:まとまった時間を確保する

先ほども解説した通り、SPIは能力検査(言語・非言語)が35分、性格検査が30分の合計65分です。

なので、65分の空き時間があれば良いと考える人が多いですが、SPIでは受験前の事前説明や例題を解いたりする時間もありますので、実質65分以上かかります。

なので、トラブルを防ぐために最低でも80分は確保しておくと安心でしょう。

しかし、どうしても80分以上の時間をまとめて確保できる日がない場合は、能力検査と性格検査の間で一時中断することも可能です。

能力検査は35分、性格検査は30分なのでそれぞれ40~50分は確保しておきましょう。

能力検査と性格検査の間で一時中断するやり方について解説した記事もご用意していますので、ぜひ参考にしてください。

②:PCの充電器を用意する

SPIはPCから受験しなければいけません。

※性格検査のみスマホからでも受験可能ですが、基本的にはPCでの受験をおすすめします。詳しくはSPIをスマホで受けることは可能なのか?について解説した記事をご覧ください。

SPIの受験途中にPCの充電が切れてしまったら、もう一度最初からSPIを受験し直さなければなりません。

また、最初からSPIを受験し直すにはWEBテストヘルプデスクに電話をかけて、再受験の手配をしてもらう必要があります。

手間がかかって非常に面倒なので、PCの充電は事前にしっかりとしておくか充電器を挿しながらSPIを受験するようにしましょう。

③:受験しやすい服装に着替える

SPIの自宅受験では服装はもちろん完全自由です。

自分がリラックスして受験できる服装を選ぶのが良いでしょう。パジャマでもスウェットでももちろんOKです。

いざというときに温度調節ができるよう、上着なども近くに準備しておくとより安心できるかと思います。

④:電卓や計算用紙、ペンを用意する

SPIでは電卓、計算用紙、ペンの利用が認められています。

特に非言語(計数)では電卓、計算用紙、ペンの3点セットがなければ、制限時間内に問題を解くのはかなり厳しいと思いますので、必ず準備するようにしましょう。

特に電卓は、使いやすいものを事前に購入しておくことをおすすめします。小さすぎたり、画面が暗かったりすると問題を解く効率がかなり落ちてしまいます。

SPIの受験で使用する電卓の選び方について解説した記事もぜひ参考にしてください。

また、SPIの非言語(計数)では後半に確率の問題が出題されることがあり、確率の問題ではサイコロを使った問題が頻繁に出題されています。

サイコロを使った問題はそこまで難易度は高くなく、2個のサイコロを投げた時の和と積の組み合わせのパターンを記載した表(以下は和の組み合わせの表)を事前に用意しておくとかなりスムーズに問題を解くことができる可能性が高いです。

和の組み合わせのパターンを記載した表

なので、上記のような表も事前に手元に準備できるとベストでしょう。

詳しくはSPIのサイコロの問題を解くコツについて解説した記事をぜひご覧ください。

⑤:同居人に受験中は話しかけてこないようにと伝える

家族や兄弟などの同居人がいる場合は、同居人にSPIを〇〇時から受験するから、受験が終わるまでは話しかけてこないようにと事前に伝えておきましょう。

SPIの受験中に話しかけられてしまうと、集中力が途切れてしまうリスクがあります。

家に自分の部屋がある場合は、そこで1人で受験すると良いでしょう。

集中できる環境でSPIを受験し、できるだけ良い得点を目指しましょう。

WEBテスト・SPI代行サービス【業界最安値・24時間以内対応もOK】の記事内バナー

いかがでしたか?今回はSPIの自宅受験で事前に準備すること5つをまとめてみました。

どれも意外と忘れがちなことだと思いますので、SPIの受験前にぜひ一度チェックをして、万全の状態で受験できる環境を整えましょう!

投稿者プロフィール

業界最安値のWEBテスト・SPI代行サービス運営事務局
業界最安値のWEBテスト・SPI代行サービス運営事務局
今までに200件以上のWEBテスト(SPI・玉手箱)代行実績があります。

また、WEBテスト・SPI代行サービスに関するブログを100本以上執筆している実績もあり、日本で一番WEBテスト・SPI代行サービスに詳しいと自負しています。

WEBテストにお困りの就活生や転職活動中の社会人の皆様は、ぜひお気軽にご相談ください。