SPIにログインできないときに確認したい4つのポイント&どうしてもログインできない場合の対処法

SPIを受験するには、もちろんSPIにログインしなければなりません。

SPI(WEBテスティング)のURLやログインするための情報は企業からメールで送られてくることがほとんどですので、まずはメールを確認して見ましょう。

※WEBテスティング=自分のPCから好きな時間・場所でSPIを受験する方式のこと。

しかし、中にはどうしてもSPIにログインできなくて困っているという人もいるでしょう。

そこで今回は、SPIにログインできないときに確認したい4つのポイントとどうしてもログインできない場合の対処法について解説します。

SPIを受験予定の就活生や転職活動中の社会人はぜひ参考にしてください。

WEBテスト・SPI代行サービス【業界最安値・24時間以内対応もOK】の記事内バナー

①:SPIのURLは正しいか?

まずはSPIのURLが正しいか?を確認しましょう。

よくあるパターンとして、企業から届いたSPIのURLをそのままクリックすると以下のようなエラーメッセージが出てくることがあります。

ページの読み込みに失敗いたしました。
お手数をおかけしますが、以下の操作をお試しください。

1.一度ブラウザを閉じて、アクセスしようとしている画面のURLをご確認ください。
・URLが「http」で始まっている場合は、「https」に変更してアクセスしてください。
・URLが「https」で始まっている場合は、そのままのURLでアクセスしてください。

2.「https」に変更したURLでアクセスした際に「セッション切れ」のエラーが表示される場合は、
ページの再読み込みをおこなってください。
ページの再読み込み方法:Windowsは「F5」キーを押す/Macは「command」+「R」キーを押す

3.上記で解決しない場合、お使いのブラウザでCookie(クッキー)の使用が無効になっている可能性があります。
このページをご覧いただくには、Cookieの使用を有効にする必要があるため、
ブラウザのCookieの設定を変更のうえ、再度お試しください。
(個人情報収集等の目的では使用いたしません)

4.上記で解決しない場合、推奨環境に含まれる別のブラウザで開くことができないかをお試しください。

出典:SPIログイン画面

ほとんどのケースにおいては1を実行すれば問題なくSPIにアクセスできるようになります。

URLが「http」ではなく「https」になっているかを確認しましょう。

「http」になっている場合は「https」にURLを書き換えてアクセスしてみてください。

「https」でアクセスした結果、「セッションが切れました。お手数ですが、もう一度はじめからやり直してください。」といったメッセージが表示される場合は2に該当するので、ページを再読み込み(=リロード)してみてください。

以上がSPIにログインできない理由のもっとも多いパターンだと思います。

②:IDは正しいか?

SPIのログイン画面まで到達できたのにログインできない場合はIDかPWが間違っている可能性があります。

まずはIDが正しいかをしっかりと確認しましょう。

IDは企業からのSPI受験案内メールに記載されているケースが多いです。

IDはl(小文字のエル)とI(大文字のアイ)など見分けがつきにくいものもあるので、自分でIDを1文字1文字入力するのはやめましょう。

コピー&ペーストを使って入力することをおすすめします。

③:PWは正しいか?

IDが正しいことが確認できれば、PWが間違っている可能性が高いです。

SPIのPWは自分で設定することはできませんので注意してください。

SPIの初回ログイン時のパスワードはメールアドレスとなります。

メールアドレスでログイン後、2回目以降のログインに必要なパスワードがメールアドレス宛に発行される形となっています。

2回目以降のログインに必要なパスワードが発行されたら、それをコピー&ペーストしてログインを試みてください。

こちらもIDと同様、l(小文字のエル)とI(大文字のアイ)など見分けがつきにくいものもあるので、必ずコピー&ペーストを使うようにしてください。

④:そもそもSPIの受験期限内か?

以上3つを試してもログインできない場合は、SPIの受験期限が過ぎていないかを確認してみてください。

SPIの受験期限は企業から案内が来ているはずです。

SPIは受験期限を過ぎてしまうと受験できなくなってしまうのでご注意ください。

また、SPIでは受験中にWi-Fiが切れたりなどのトラブルによって試験が中断されてしまうリスクもあります。

試験が中断されてしまうと、WEBテストヘルプデスクまで連絡をして試験を再開できるよう手配してもらわなければなりません。

WEBテストヘルプデスクの営業時間は土日祝日含む9:00~18:00です。

なので、例えばSPIの受験締め切りが日曜日の23:59の場合、日曜日の18:00以降にSPIの受験を開始してしまうと、トラブルが発生して試験が中断されたとき、もう何もできなくなってしまいます(WEBテストヘルプデスクは営業時間が過ぎているので連絡は繋がりません)

SPIの受験は期限に余裕をもって受験することをおすすめします。

どうしてもSPIにログインできない場合の対処法

以上でご紹介した4つすべてが問題ないにもかかわらず、SPIにログインできない場合は企業に問い合わせを入れましょう。

企業側のミスでIDが間違っていたり、URLが間違っている可能性があります。

問い合わせの文面は以下のような感じで送付すると良いでしょう。

株式会社〇〇
〇〇様

お世話になっております。御社の選考を受けさせていただいております〇〇です。

先日、SPIの受験案内をいただきましたが、ログインができない状況となっております。

SPIのヘルプページを確認したり、御社から付与されたIDやPWが間違っていないか?も確認したのですが、すべて問題なさそうでした。

一度御社でIDやURLなどに間違いがないかご確認いただくことは可能でしょうか?

お忙しい中 お手数ですが、よろしくお願いいたします。

※例文です。
WEBテスト・SPI代行サービス【業界最安値・24時間以内対応もOK】の記事内バナー

今回はSPIにログインできないときに確認したい4つのポイント&どうしてもログインできない場合の対処法について解説しました。

SPIにログインできない人はほとんどのケースにおいて、今回ご紹介した4つのポイントを確認すればSPIに問題なくログインできるはずです。ぜひ試してみてください。

投稿者プロフィール

業界最安値のWEBテスト・SPI代行サービス運営事務局
業界最安値のWEBテスト・SPI代行サービス運営事務局
今までに200件以上のWEBテスト(SPI・玉手箱)代行実績があります。

また、WEBテスト・SPI代行サービスに関するブログを100本以上執筆している実績もあり、日本で一番WEBテスト・SPI代行サービスに詳しいと自負しています。

WEBテストにお困りの就活生や転職活動中の社会人の皆様は、ぜひお気軽にご相談ください。