出題された問題のスクリーンショットを撮ってくれるWEBテスト・SPI代行サービスまとめ

皆様こんにちは、「業界最安値のWEBテスト・SPI代行サービス」の運営事務局です。

WEBテスト・SPI代行サービスのご利用を考えている就活生や転職活動中の社会人の中には「WEBテストを代行してくれるのはありがたいけど、どんな問題が出題されたのか把握しておきたい」と思っている人もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、出題された問題のスクリーンショットを撮ってくれるWEBテスト・SPI代行サービスをまとめました。

また、出題された問題を把握しておくことでどんなメリットがあるのか?やWEBテスト・SPI代行サービスに出題された問題のスクリーンショット撮影を依頼する場合の注意点についても解説していますので、ぜひ最後までご覧ください。

WEBテスト・SPI代行サービス【業界最安値・24時間以内対応もOK】の記事内バナー

WEBテストで出題された問題を把握しておくことのメリット

まずはWEBテストで出題された問題を把握しておくことのメリットを2つご紹介します。

1つ目のメリットは、面接の時にWEBテストの感想を聞かれても返答に困らなくなるということでしょう。

面接官の中には、WEBテストの感想やどんな問題が難しかったか?など、WEBテストに関する質問をしてくる人もいるかもしれません。

面接でWEBに関する質問をされたときに、明らかに的外れな返答をしてしまうと面接官から「この人は本当に自分でWEBテストを受験したのかな?」と疑われてしまう可能性もあるでしょう。

そのようなリスクを防ぐためにも、ご自身でどんな問題が出題されたのか?を把握しておくことができるのは明らかにメリットの1つと言えるでしょう。

2つ目のメリットは、もし今後、自力でWEBテストを受験する予定があるならその対策を実施することができるということです。

WEBテスト・SPI代行サービスの料金相場について解説した記事をご覧いただくとわかりますが、料金相場は1社あたり12,000円程度となっており、決して安いとは言えない金額です。

なので志望度が高い企業のWEBテストだけWEBテスト・SPI代行サービスを使い、志望度がそこまで高くない企業のWEBテストは自力で受験するという人も中にはいます。

志望度がそこまで高くないとはいってもWEBテストを通過するに越したことはありませんから、時間があるなら自力でWEBテストの対策はした方が良いでしょう。

そんな時に実際に出題されたWEBテストの問題を把握・保持できていると、それを元にして対策をすることも可能になります。

スクリーンショットのイメージ

WEBテスト・SPI代行サービスに出題された問題のスクリーンショット撮影を依頼する場合の注意点

ここからは、WEBテスト・SPI代行サービスに出題された問題のスクリーンショット撮影を依頼する場合の注意点を2つご紹介していきます。

1つ目の注意点は、料金の確認をすることです。

多くのWEBテスト・SPI代行サービスは基本料金とオプション料金の2つに分かれています。

基本料金は1社あたりの代行料金のことで、必ず発生する料金です。相場は先ほども述べた通り、1社あたり12,000円程度となっています。

オプション料金は、その名の通りオプションを付けた時に発生する料金のことです。基本料金に上乗せされます。

WEBテスト・SPI代行サービスのオプションをまとめた記事をご覧いただくとわかりますが、各社とも様々なオプションを用意しており、出題された問題のスクリーンショット撮影はオプションとして用意されている場合が大半です。

なので、WEBテスト・SPI代行サービスに出題された問題のスクリーンショット撮影を依頼する場合は追加料金が発生すると思っておきましょう。

詳細の値段については後ほど解説しますので、ぜひそちらを参考にしてください。

2つ目の注意点は、代行業者が入力した解答もスクリーンショット撮影されるのか?の確認をすることです。

代行業者によっては代行業者が入力した解答はスクリーンショット撮影されず、出題された問題のみの撮影という場合もあります。

代行業者が入力した解答もスクリーンショット撮影されると勝手に思い込み、代行業者から渡されたスクリーンショットには出題された問題しか撮影されおらずトラブルになってしまうということも考えられます。

トラブルを事前に防ぐためにも、ご自身が利用しようとしているWEBテスト・SPI代行サービスは入力された解答もスクリーンショット撮影されるのか?を必ず事前に確認しておきましょう!

出題された問題のスクリーンショットを撮ってくれるWEBテスト・SPI代行サービスまとめ

ここからは、出題された問題のスクリーンショットを撮ってくれるWEBテスト・SPI代行サービスをご紹介します。

調査を行ったところ、2021年10月5日時点で出題された問題のスクリーンショットを撮ってくれるWEBテスト・SPI代行サービスは以下の2つがありました。

また、先ほどでも述べた通り、代行業者が入力した解答もスクリーンショット撮影してくるのか?についても解説をします。

①:業界最安値のWEBテスト・SPI代行サービス

1つ目は「業界最安値のWEBテスト・SPI代行サービス」です。

その名の通り基本料金が業界最安値の税込9,500円となっており、東大生がWEBテストを代行します。

オプションとして出題された問題のスクリーンショット撮影が用意されています。

このオプションは税込5,000円となっていますので、出題された問題のスクリーンショット撮影を依頼した場合の総額は基本料金9,500円+オプション5,000円=14,500円(税込)となります。

このオプションはあくまでも出題された問題のスクリーンショット撮影のみで、入力した解答はスクリーンショット撮影してくれませんのでご注意ください。

「業界最安値のWEBテスト・SPI代行サービス」にご興味のある人は、以下のボタンからホームページをご覧ください。

WEBテスト・SPI代行サービス【業界最安値・24時間以内対応もOK】の記事内バナー

②:日本一WEBテストを解いている東大生@テスト解きます

続いてご紹介するのは「日本一WEBテストを解いている東大生@テスト解きます」です。

このサービスはホームページを用意しておらず、Twitterアカウントだけで運営されています。Twitterのアカウントは以下です。

料金は30分あたり10,000円で、東大工学部・英検1級・TOEIC990の人がWEBテストを代行しているとのことです。

SPIの場合、能力検査の試験時間は35分なので単純計算すると料金は11,667円となります。

また、玉手箱は科目数や試験内容によって試験時間が異なりますが最大で70分です。70分の場合、単純計算で料金は23,333円となります。

支払い方法は銀行振込のみとのことです。

銀行振込による決済が可能なWEBテスト・SPI代行サービスを3つご紹介した記事もありますので、ぜひ参考にしてください。

プロフィールには受験後にスクリーンショットも共有するとの記載がありますが、追加料金が発生するのか?や入力した解答はスクリーンショット撮影してくれるのか?については一切記載がありませんので、「日本一WEBテストを解いている東大生@テスト解きます」のご利用を検討されている人は、必ずこの2点の事前確認をしておきましょう。

スクリーンショットのイメージ

今回は出題された問題を把握しておくことでどんなメリットがあるのか?やWEBテスト・SPI代行サービスに出題された問題のスクリーンショット撮影を依頼する場合の注意点についても解説した後、出題された問題のスクリーンショットを撮ってくれるWEBテスト・SPI代行サービスを2つご紹介しました。

就活生や転職活動中の社会人の皆様の参考になれば嬉しいです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

投稿者プロフィール

業界最安値のWEBテスト・SPI代行サービス運営事務局
業界最安値のWEBテスト・SPI代行サービス運営事務局
今までに200件以上のWEBテスト(SPI・玉手箱)代行実績があります。

また、WEBテスト・SPI代行サービスに関するブログを100本以上執筆している実績もあり、日本で一番WEBテスト・SPI代行サービスに詳しいと自負しています。

WEBテストにお困りの就活生や転職活動中の社会人の皆様は、ぜひお気軽にご相談ください。