WEBテスト・SPI代行サービスにおける遠隔受験とは?よくある3つの疑問にも回答!

WEBテスト・SPI代行サービスのご利用を考えたことのある就活生や転職活動中の社会人の皆様は、遠隔受験という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

遠隔受験とはWEBテスト代行業者にWEBテストを受験するために必要な情報(IDやパスワードなど)を渡し、WEBテスト代行業者が依頼者(=お客様)と一切対面で会うことなくWEBテストの代行を遂行することです。

全てのWEBテスト・SPI代行サービスで実際されている代行手法となります。

そこで本記事では、遠隔受験とは何かについて詳しく解説した後、遠隔受験でよくある3つの疑問について回答していきます。

WEBテスト・SPI代行サービスのご利用を検討されている就活生や転職活動中の社会人はぜひ参考にしてください。

WEBテスト・SPI代行サービス【業界最安値・24時間以内対応もOK】の記事内バナー

遠隔受験とは?詳しく解説!

遠隔受験とは冒頭でも述べた通り、WEBテスト代行業者にWEBテストを受験するために必要な情報(IDやパスワードなど)を渡し、WEBテスト代行業者が遠隔でWEBテストを代行することです。

全てのWEBテスト・SPI代行サービスが遠隔受験に対応しているので、遠隔受験不可というWEBテスト・SPI代行サービスは1つも存在しません。

遠隔受験はWEBテストの受験に必要なIDやパスワードをWEBテスト代行業者にLINEやメールで渡すだけで期日までに代行してくれるので、非常に便利な手法です。

遠隔受験の反対は出張受験です。これはWEBテスト代行業者と依頼者であるお客様が対面で会い、お客様の目の前でWEBテスト代行業者がWEBテストを受験するというものです。

詳しくは出張受験が可能なWEBテスト・SPI代行サービスをまとめた記事をご覧いただくとわかりますが、遠隔受験はどうしても不安という人のために、出張受験をオプションとして用意しているサービスがいくつか存在しています。

場所はカフェなど第3者の目がある所で行われることが多く、サービスによっては都内限定のものもあります。

受験に必要なノートPCやWi-Fiなどの設備はWEBテスト代行業者側で用意してくれることが多いので、お客様はWEBテストの受験に必要な情報だけを持参すれば問題ないでしょう。

遠隔受験についてよくある3つの疑問!

ここからは、遠隔受験でよくある3つの疑問に対して、本記事の筆者である私が順番に回答していきます。

私は「業界最安値のWEBテスト・SPI代行サービス」の運営者で、今までにWEBテスト・SPI代行サービスに関する記事を100本近く執筆しています。

WEBテスト・SPI代行に関する知識量にはかなり自信がありますので、ぜひ参考にしてください。

①:IPアドレスから代行サービスを使ったことが企業にバレないの?

WEBテスト代行業者と依頼者は対面で会うことがないので、WEBテストは代行業者のPCから受験することになります。

例えば依頼者が大阪に在住、代行業者が東京に在住しているとします。

そして、代行業者が東京からWEBテストを代行した場合、企業に東京からWEBテストを受験したことが受験履歴などから判明し、代行サービスを使ったことがバレるのでは?という心配をされるお客様も中にはいらっしゃいます。

しかし、その心配は不要です。企業はIPアドレスから受験者がどこから受験したのか?などは把握していません。

※PCの住所のようなものをIPアドレスと言います。

もし仮に把握していたとしても「東京に旅行・観光に行った時にWEBテストを受験した」などいくらでも言い分はあります。受験した場所が在住している地域と違うというのが原因で落とされることはまずありません。

なので、遠隔操作をしたことがバレるのでは?という心配はしなくても問題ないでしょう。

どうしても不安な人は、WEBテスト・SPI代行はIPアドレスでバレるのか?について詳しく解説した記事をご覧ください。

②:代行業者は本当にちゃんと問題を解いてくれてる?

遠隔受験の場合、代行業者がテキトーにWEBテストの問題に回答しているのではないか?と不安に感じる依頼者もいるのではないでしょうか。

遠隔受験だと自分の目で代行業者が受験しているところを見ることができないので、そのような不安を抱えてしまうのも無理はないでしょう。

そんな不安を解消するため、WEBテスト・SPI代行サービスの中にはZoomやSkypeなどのビデオ通話で画面共有をしながら問題を解いてくれるところもあります。

これによって、依頼者は代行業者が実際に問題を解いているシーンを自分の目で見れるので、代行業者がテキトーに回答していなか?をチェックすることができます。

Zoomで画面共有をしながらの代行が可能なWEBテスト・SPI代行サービスをご紹介した記事もご用意していますので、ぜひ参考にしてください。

③:能力検査と性格検査の間で時間が空いてしまっても大丈夫?

SPIや玉手箱など、多くのWEBテストでは国語や数学など一般的な学力を測る能力検査と受験者のパーソナリティーを診断する性格検査の2つが用意されています。

ほとんどのWEBテストでは能力検査と性格検査の間で一時中断が可能であり、多くのWEBテスト・SPI代行サービスでは能力検査の代行のみ受け付けています。

※性格検査の結果と面接時の印象が違うと良くないため、多くのWEBテスト・SPI代行サービスでは性格検査はお客様ご自身での受験をオススメしています。

なので、遠隔受験の流れとしてはWEBテスト代行業者が能力検査を受験後、お客様ご自身で性格検査を受験することになります。

しかし、代行業者が能力検査の受験を完了した後、すぐにお客様が性格検査を受験できるとは限らないでしょう。

そこで「能力検査と性格検査の間で時間が空いてしまっても大丈夫だろうか」という不安を抱えてしまうお客様もいらっしゃいます。

これに関しては全く問題ないと筆者は考えています。なぜなら、そもそも能力検査と性格検査の間で一時中断することがWEBテストの仕様上許可されているからです。

能力検査の受験後に急用が入った・腹痛でトイレに行きたくなったなど、中断せざるを得ない状況が発生することはいくらでも想定されます。一時中断すると不合格になるなどの記載も一切ありません。

なので、能力検査と性格検査の間で一時中断したことが原因で落とされることはあり得ないと考えておいて問題ありません。

能力検査と性格検査で一時中断する方法について解説した記事もご用意していますので、ぜひ合わせてご覧ください。

WEBテスト・SPI代行サービス【業界最安値・24時間以内対応もOK】の記事内バナー

今回はWEBテスト・SPI代行サービスにおける遠隔受験とは何かについて解説した後、遠隔受験でよくある3つの疑問に回答していきました。

繰り返しにはなりますが、遠隔受験に対応していないWEBテスト・SPI代行サービスは1つもありませんので、その点はご安心ください。

おすすめのWEBテスト・SPI代行サービスをご紹介した記事も用意していますので、そちらも参考にしながらご自身に合ったサービスを見つけていただければと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

投稿者プロフィール

業界最安値のWEBテスト・SPI代行サービス運営事務局
業界最安値のWEBテスト・SPI代行サービス運営事務局
今までに200件以上のWEBテスト(SPI・玉手箱)代行実績があります。

また、WEBテスト・SPI代行サービスに関するブログを100本以上執筆している実績もあり、日本で一番WEBテスト・SPI代行サービスに詳しいと自負しています。

WEBテストにお困りの就活生や転職活動中の社会人の皆様は、ぜひお気軽にご相談ください。