WEBテスト・SPI代行のやり方4つをメリット・デメリット合わせて3分でわかりやすくご紹介!

皆様こんにちは、「業界最安値のWEBテスト・SPI代行サービス」の運営事務局です。

就職活動中の学生にとって選考で避けて通れないのがSPIや玉手箱などのWEBテストですね。

就活生の中には「WEBテストを代行してもらいけど、やり方がわからない」という人もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、WEBテスト・SPI代行のやり方を4つご紹介します。

それぞれのメリット・デメリットも解説していますので、WEBテスト・SPIの代行を検討している人は参考にしてください。

WEBテスト・SPI代行サービス【業界最安値・24時間以内対応もOK】の記事内バナー

やり方①:友達に協力してもらう

まず最初にご紹介するWEBテスト・SPI代行のやり方は友達に協力してもらうことです。

最もシンプルでやりやすい方法だと思います。

まずはご自身の周りで頭が良い・WEBテストの対策をしっかりやっていて高得点を取っている友達がいないか?高学歴の友達がいないか?を考えてみてください。

そして、その友達に自分のWEBテストを代行してくれないか?と頼んでみましょう。

メリット

友達にWEBテスト・SPIを代行してもらうメリットとしては「場合によるが、お金がかからない」ということがあげられるでしょう。

後にご紹介しますが、WEBテスト代行サービスなどの専門業者を使うと、1社あたり12,000円〜15,000円ほどかかります。

しかし、友達にWEBテストの代行を依頼するとお金がかからないので、学生にとっては非常にありがたいやり方なのではないでしょうか。

デメリット

友達にWEBテスト・SPIを代行してもらうデメリットとしては友達との信頼関係に亀裂が入る可能性があることでしょう。

中にはお金の支払いを求めてくる友達もいるかもしれません。そのような場合は金銭トラブルになる可能性もあります。

また、友達がWEBテストを代行した結果、WEBテストに落ちてしまった場合、責任の所在問題でトラブルになる可能性もあります。

なので、お金のこと&もし落ちたとしても代行した友達の責任ではない(=友達を責めない)などの取り決めは事前に決めておくのが望ましいでしょう。

WEBテスト・SPIの代行を友達に依頼する時の注意点3つをご紹介した記事もありますので、ぜひ参考にしてください。

やり方②:解答集を購入する

2つ目にご紹介するやり方はWEBテストやSPIの解答集を購入することです。

「代行」からは少しニュアンスがずれてしまいますが、就活界隈ではWEBテストの解答集というものが出回っています。

エクセルやPDFにWEBテストの問題と解答が全て掲載されており、就活生はWEBテストの時にその解答集を活用して問題を解くという形式です。一言でいうとカンニングペーパー的なものですね。

メリット

解答集を活用してWEBテストを解くメリットとしては、自己完結する点でしょう。友達に代行を依頼する必要もないので、人間関係のトラブルなどになる心配もありません。

デメリット

デメリットとしては、解答集の購入に料金がかかることです。友達や知り合いが持っていれば無料で購入できることもありますが、ネットで「WEBテスト 解答集」と検索すると、ほとんどの場合が有料で販売されています。

料金相場としてはかなりピンキリで、安いものですと1,000円前後、高いものですと10,000円前後で販売されています。

また、解答集に記載されている解答は必ず正しいとは限りません。

実際にネット上では「解答集の通りに問題を解いたのに落ちた」というエピソード・口コミが多数見られます。

なので、購入する解答集にもよりますが、解答が全然合っていないというリスクは覚悟しておくべきでしょう。

WEBテスト・SPI代行サービス【業界最安値・24時間以内対応もOK】の記事内バナー

やり方③:代行サービスを活用する

3つ目にご紹介するWEBテスト・SPI代行のやり方は代行サービスを活用することです。

すでにWEBテスト・SPI代行サービスは数多く登場しており、筆者が確認できたサービスだけで10個以上はありました。

料金相場としては1社あたり12,000円〜15,000円です。

詳しくはWEBテスト・SPI代行サービス10個の料金や特徴を解説した記事をご覧ください。

メリット

WEBテスト・SPI代行サービスを活用するメリットとしては、高い確率でWEBテスト選考を突破できることでしょう。

各社ともWEBテストの訓練を積んだスタッフが代行を実施するため、高い合格率をアピールしているところが多いです。

中には今までの総依頼件数や合格率を公開しているサービスもあります。

デメリット

WEBテスト・SPI代行サービスを活用するデメリットはやはり料金でしょう。

先ほども述べた通り料金相場としては1社あたり12,000円〜15,000円なので、学生にとっては決して安くはない値段です。

しかも、2社・3社と複数社のWEBテストの代行を依頼すると、その分だけまた料金が発生します。

10社依頼すると、単純計算で120,000円〜150,000円くらいはかかるでしょう。

なので学生にとっては、どうしても落とすことができない企業や第一志望の企業のみWEBテスト・SPI代行サービスを活用するというのが現実的なのかもしれません。

やり方④:SNSで個人で代行を受け付けている人に依頼する

最後にご紹介するやり方は、個人でWEBテストの代行を受け付けている人に依頼する方法です。

先ほどご紹介したのはWEBテスト・SPI代行を専門としている業者・サービスです。

しかしTwitterで「WEBテスト 代行」と検索してみると、以下のように個人でWEBテストの代行を受け付けているアカウントが多数発見されます。

Twitterで「WEBテスト 代行」と検索した結果画面

WEBテスト・SPI代行のやり方としては、このような人たちに代行の依頼をしてみるというのも方法の1つとしてあげれられるでしょう。

メリット

メリットとしては、WEBテスト・SPI代行サービス(専門業者)よりも料金が安いことでしょう。

上記画像をご覧いただくとわかりますが、1件4,000円や1,500円といった料金で代行を受け付けていることがわかります。

先ほども記載した通り、WEBテスト・SPI代行サービスの料金相場は1社あたり12,000円〜15,000円なので、個人依頼の場合はそれの半額以下ということになります。

デメリット

デメリットとしては、あくまでも個人でやっているだけなので、詐欺の可能性があるということです。

具体的には、料金を依頼者に先払いさせて実際にはWEBテストを受験しないなどのケースが考えられます。

お金だけ搾取されるパターンですね。

詐欺のWEBテスト・SPI代行を見破る方法を解説した記事に詳細は記載しましたが、

・強引に申し込みをさせてくる

・返金保証をやたらと強調してくる

・返信や連絡が異常に遅い

などのパターンは要注意です。

個人で代行を受け付けている人にWEBテストの代行を依頼するのは自由ですが、その人が安心できる人なのか?詐欺ではないか?の判断は慎重に行いましょう。

WEBテスト・SPI代行サービス【業界最安値・24時間以内対応もOK】の記事内バナー

いかがでしたか?

今回はWEBテスト・SPI代行のやり方を4つご紹介し、それぞれのやり方のメリット・デメリットについても解説していきました。

WEBテスト・SPIの代行を検討している就活生の参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

投稿者プロフィール

業界最安値のWEBテスト・SPI代行サービス運営事務局
業界最安値のWEBテスト・SPI代行サービス運営事務局
今までに200件以上のWEBテスト(SPI・玉手箱)代行実績があります。

また、WEBテスト・SPI代行サービスに関するブログを100本以上執筆している実績もあり、日本で一番WEBテスト・SPI代行サービスに詳しいと自負しています。

WEBテストにお困りの就活生や転職活動中の社会人の皆様は、ぜひお気軽にご相談ください。