WEBテスト・SPI代行サービスの申し込み方法を3ステップでわかりやすく解説!

皆様こんにちは、「業界最安値のWEBテスト・SPI代行サービス」の運営事務局です。

就活生や転職活動中の社会人の中には「WEBテスト・SPI代行サービスの申し込みの流れはどうなっているいるの?」と疑問に感じている人もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、WEBテスト・SPI代行サービスを申し込む時の注意点4つをご紹介した後、具体的な申し込み方法を3ステップで解説します。

就活生や転職活動中の社会人の皆様はぜひ参考にして、サービスご利用前の不安を解消しておきましょう!

WEBテスト・SPI代行サービス【業界最安値・24時間以内対応もOK】の記事内バナー

WEBテスト・SPI代行サービスを申し込む時の注意点4つ

まず初めに、WEBテスト・SPI代行サービスを申し込む時の注意点4つご紹介しておきます。

どれも非常に重要なポイントですので、ぜひ参考にしてください。

①:料金の見積りをしてもらう

1つ目は、申し込みを行う前に必ず料金の見積りをしてもらうことです。

WEBテスト・SPI代行サービスの中には後払いOKなサービスもあります。

後払いOKなサービスを使う場合、事前に料金の確認・見積りをせず、代行終了後に自分が想定していた以上の金額を請求されてしまう可能性もあります。

後払いOKなWEBテスト・SPI代行サービスを3つご紹介した記事もぜひ参考にしてください。

そのようなリスクを避けるためにも、必ず事前に料金の見積りを行うことをおすすめします。

WEBテスト・SPI代行サービスの料金相場について解説した記事をご覧いただくとわかりますが、おおよそ1社あたり12,000円程度が相場です。ぜひお客様ご自身で相場感を持って見積りを依頼してください。

②:もし落ちた時、料金は返金されるのか?について確認をする

2つ目の注意点はWEBテスト・SPI代行サービスに代行してもらった結果、もしWEBテストに落ちてしまった場合、支払った料金は返金されるのか?について申し込み前に確認をすることです。

企業の選考はWEBテストの結果だけでなく、学歴や履歴書・職務経歴書、他の候補者との兼ね合いなど様々な要素が考慮されるので、WEBテストの点数・結果が良かったからといって100%選考に通過するとは限りません。

なので、もし落ちた時に返金してくれる代行業者は少ないのが現実ではありますが、返金保証付きのWEBテスト・SPI代行サービスをまとめた記事もありますので、ぜひ参考にしてください。

③:得点率はどれくらいを目指すのか?について確認をする

3つ目の注意点は、ご自身が使おうとしているWEBテスト・SPI代行サービスがどれくらいの得点率を目指そうとしているのか?の確認をしておくことです。

決して高学歴とは言えない人がWEBテストで満点近くの点数を取ってしまうと、確実に面接官から怪しまれてしまいます。

なので、ご自身の学歴・学力を代行業者に事前にお伝えし、ちょうどいい具合の得点率を目指してもらいましょう。

これを怠ってしまうと、代行業者がとてつもなく高い得点を獲得してしまうかもしれません。

点数・得点率の調整をしてくれるWEBテスト・SPI代行サービスを3つご紹介した記事もぜひ合わせてご覧ください。

④:代行期日を明確にする

最後にご紹介する注意点は、代行期日を明確にすることです。

何月何日の何時までに代行を完了して欲しいのか?を明確に代行業者に伝えましょう。

WEBテスト・SPI代行サービスは、能力検査の代行のみで性格検査の代行は受け付けていない場合が非常に多いです。

なので、ご自身で性格検査を受験する時間も考慮した上での代行期日を設定しましょう。

また、「明日までに能力検査の代行をして欲しい」などお急ぎの場合は、即日対応可能なWEBテスト・SPI代行サービスを選定することをおすすめします。

本記事の筆者が運営している「業界最安値のWEBテスト・SPI代行サービス」も即日対応可能です。ご興味のある人はぜひ以下のボタンからホームページをご覧ください。

WEBテスト・SPI代行サービス【業界最安値・24時間以内対応もOK】の記事内バナー

WEBテスト・SPI代行サービスの申し込み方法3ステップ

ここからは、WEBテスト・SPI代行サービスの申し込み方法を3ステップで解説していきます。

上記で解説した注意点を踏まえて、就活生や転職活動中の社会人の皆様はぜひ参考にしてください。

①:料金の支払い

料金が先払いのWEBテスト・SPI代行サービスの場合、まずは料金を支払います。必ず支払い期日までに支払いましょう。

後払いOKなサービスの場合は、もちろん先払いにする必要はありません。

②:WEBテストのURLとログイン情報を代行業者に共有

料金の支払いが完了したら、WEBテストのURLと受験に必要なログイン情報(IDやパスワード)を代行業者に渡しましょう(これがないと代行業者はWEBテストを受験できません)

SPIの代行を依頼されるお客様の中には「企業からパスワードが発行されていません」とおっしゃられる人もいますが、SPIの場合、初回ログイン時のパスワードはお客様のメールアドレスとなっています。

お客様のメールアドレスでSPIに初回ログインをすると、2回目以降のログインに必要なパスワードがそのメールアドレスに送付されます。そのパスワードを代行業者に渡せば問題ありません。

また、SPIの場合は受験前に受験者の生年月日や学歴などを入力しなければなりません。なので、それらの情報も代行業者に渡す必要があります。

詳しくはSPI代行サービスを使う時、依頼者は何の情報を代行業者に渡せばいいのか?について解説した記事をご覧ください。

③:代行実施

WEBテストを受験するにあたって必要な情報が揃ったら、いよいよ代行業者がWEBテストの代行を実施します。

先ほども述べた通り、代行業者は基本的にはWEBテストの能力検査のみを受験します。性格検査はお客様ご自身での受験となることが多いのでご注意ください。

代行業者による能力検査の受験が完了するまで、しばらく待機しておきましょう。

待機している間はWEBテストにログインするのは控えた方が良いでしょう。

代行業者とお客様のログインタイミングが重なり、2台のPCからWEBテストに同時にログインすると試験が中断されてしまう可能性があるからです。

代行業者による能力検査の受験が完了したら、お客様に連絡が入ります。その連絡を確認した後、お客様でWEBテストにログインして性格検査を受験してください。

※多くのWEBテストでは能力検査と性格検査の間で一時中断が可能です。詳しくは能力検査と性格検査の間で一時中断する方法について解説した記事をご覧ください。

WEBテスト・SPI代行サービスのイメージ

いかがでしたか?

今回は、WEBテスト・SPI代行サービスを申し込む時の注意点4つをご紹介した後、具体的な申し込み方法を3ステップで解説しました。

本記事が就活生や転職活動中の社会人の皆様の参考になれば嬉しい限りです。最後まで本記事をご覧いただき、ありがとうございました。

投稿者プロフィール

業界最安値のWEBテスト・SPI代行サービス運営事務局
業界最安値のWEBテスト・SPI代行サービス運営事務局
今までに200件以上のWEBテスト(SPI・玉手箱)代行実績があります。

また、WEBテスト・SPI代行サービスに関するブログを100本以上執筆している実績もあり、日本で一番WEBテスト・SPI代行サービスに詳しいと自負しています。

WEBテストにお困りの就活生や転職活動中の社会人の皆様は、ぜひお気軽にご相談ください。